KAERU MUSEUM SPECIAL
 KAERU HOUSE





WANTED!
★FRITZ'Junior★
日本トイザらスで発売していたFRITZサイズより一回り小さめのFRITZ'Junior
Kaeruchinの兄弟たち、どこかにいませんか?
FROG CULTURE
アメリカで発見したFROG CULTURE、ほかに黄色・赤・緑・クリスマスバージョンもいました
どーして全種類買わなかったのか・・・後悔先に立たず
PLAY TALKIN' SPECIAL(プレイトーキン特集)
Them and me

PLAY TALKIN'のカエルと初めて出会ったのは1995年。
友達の家で生活するFRITZの大きさと可愛さに一目ぼれ。
その後なんと縁あってFRITZ'Juniorが私の元にやってきました。
それまでアメリカで生活していたFRITZ'Juniorは、とある人のリュックに潜り込み(飛行機ではちゃんと座席に座って)、
はるばる海を越えて私の元へやってきました。
そのキュートな口元、クリッとした眼、抱くとちょうど胸に収まるまあるい体型
もともとカエル好きな私は、そのあまりの可愛さにノックアウトです。
それから、
FRITZ'JuniorKaeruchinというニックネームで我が家で暮らし始めました。

その後、アメリカで同じMIGHTY STAR社のFROG CULTUREシリーズに出会い、
トイザらスで
FRITZと再会、パペットではない座り型のカエルに出会いました。
そして・・・噂によれば、FRITZ'Juniorたちの生みの親MIGHTY STAR社はもう無いようなのですが、
2003年、とってもカラフルな
PLAY TALKIN’が
トイザらスオリジナルブランド「アニマルアレー」から生まれ変わって登場しました。


いつの間にか・・・我が家には
FRITZ'Juniorの仲間がこんなに増えました。
PLAY TALKIN’(プレイトーキン) FROG CULTURE
1994
FRITZ'Junior
1997
FRITZ
2003 2003 2003 2003 1998 1997
BLUE DART
POISON FROG
Front
Tag
Side
Back
FRITZ & FRITZ'Junior
左がFRITZ、右が FRITZ'Junior
くるり一周して比べてみると
大きさがこんなに違います

大きく違うのは顔のつくり
口がパカっとあいているのが
PLAY TALKIN'の特徴だけど
FRITZの口はかなり大きめ
それに上唇の飛び出し度が
ちょっと多いかな?

ついでといっては何だけれど
2003年のPLAY TALKIN'とを比べると
全体の丸みの特徴は
引き継いでいるものの
ますます口デカ&飛び出し度が多く
顔も扁平でちょっと歪み気味
やっぱりMIGHTY STAR社生まれの
カエルたちとは違うのです。

《FROG CULTURE》は種類は
違いますが作りがかなり丁寧
日本では見たことがありませんが
秘かに買いそびれた他色を探索中
TOP KAERU MUSEUM