CAMERA TOP

A photograph is clicked.

HOME

+ +  IWABITSU JYO+ +

撮影地MAP:岩櫃城址 ⇒

+安土とともに思い入れのある城へ+

KAERU HOUSE

真田太平記もしくは真田ファンなら一度は訪れたいのが、ここ岩櫃城。いつも草津へ行く道々見上げていたゴツゴツの岩櫃山に築かれている山城は私にとっては聖地(?)でもあります。そしてとうとう訪れる機会が!案内板はあまり見当たらず、ナビの案内に助けられて山のふもとまでたどりつきました。日が傾きかけていた時刻で、他には1組の訪問者があったくらいです。必要最小限度に整備された城址で、静かに鳥の声を聴きながら、真田衆の声もどこからか聞こえてくるのではないかと思い、耳を澄まします。かなり急な山の斜面を利用した素晴らしい縄張りです。本丸南斜面の竪堀はまた見事!北側は自然の地形を活かした急な斜面が下へ落ち込み本丸を守っています。さすが真田の城です!
東側には天狗の丸という郭がありました。その名から想像されるとおり、草のもの(隠密)たちの修行の場であったようです。真田太平記の世界がリアルに頭の中に広がって感動しっぱなしの岩櫃城址訪問でした。
城の北側の風景は自然林の山の懐に抱かれた小さな集落で、400年も昔にきっと真田昌幸や信幸・幸村たちもこの風景に心を和ませたのだと思わせるものがありました。