第四夜 The fourth night
KAERU HOUSE

 

Previous night   The next night       Yume top    HOME
【繰り返し】
さあ、扉を開いて中に入るよ。
小屋の中に何があるって?びっくりしないでね。
そこには男のバラバラ死体!
バラが咲いたように真っ赤に見えるのは
飛び散った男の赤血球なんだって。

大変!誰かに知らせなくちゃ!
奥に階段があるのを見つけて上の階に行ってみたよ。
赤ん坊を抱いた女の人がいて、
世話が大変だって愚痴をこぼされちゃった。
とっても死体の話を切り出すどころじゃなさそうだった。

他にも部屋があるみたいだけど、
ガランとして誰もいないみたい。
遠くの方から時々笑い声が聞こえてくるけど、
そこまで行って「死体がありました」
なんて言って信じてもらえるかどうか。

目が覚めた。
いけない!講義中に寝ちゃったみたい。
教授の話ちゃんと聞かなくちゃ。教授曰く
『何もしなければ何もかわりません
次に進みたいと思ったら自分が何かをしなくてはいけません』
(ふ〜んそんなもんかな?)
気がつくと小さな黒い扉のある小屋の前。
またぁ?ドアノブに手をかけてちょっとためらった。
だって小屋の中に何があるか知ってるよね?


『何もしなければ何もかわりません』
今度は誰かに知らせなくちゃ!