第九夜 The ninth night
KAERU HOUSE

 

Previous night   The next night       Yume top    HOME
【時を超えて】

ゆらめく海を飛び越え
瞬く夜の光をやり過ごし
風に揺れる木々をすり抜ける
いつか自分が居た場所に
とても大切なものがあったのだ
取りに戻らなくてはいけないのだ

そんな思いに駆られてやってきたその場所には
懐かしい風景、懐かしい人たち

そして大切なものを手にして
消えてなくならないうちにと
今度は今来た道を急いで戻る
鳥のように空たかく、風のように滑らかに

ゆれる海やきらめく光は過ぎ去った時間

その時間がふと途切れた
自分が手にした大切なものの温もりが伝わってきた
それはしなやかで温かい仔猫

そう、いつても大切なものの本質はかわらない
なんてことはない 今大切なものは 今ここにあるもの
私の心を優しさで満たしてくれるもの

お腹を空かせた仔猫の気配・・・
私の目覚めを、今か今かと待っている